<< 富士チャレンジX(準備) | main | 房総サイクリング(準備) >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.23 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


雨の中を激走!佐渡ロングライド

 だいぶご報告が遅れてしまいましたが、5/17に行われた佐渡ロングライドに参加してきました。
昨年は4名での参加で割と賑やかでしたが、今年は内田さんと関の2名のみ。しかも天気は雨・・・。
それでも二人とも何とか無事に210kmコースを完走してきました。



今年も昨年と同じくJTBの弾丸バスツアーを使って佐渡に乗り込みました。土曜の早朝に池袋を出発し、その日は佐渡の宿に泊まれますが、日曜は車中泊で池袋に帰ってくるという強行軍です。
2回目なので何となく慣れてしまいましたが(笑)
このツアーのいいところは宿の手配やフェリーの予約なんかを全部お任せにできる点。面倒な手続きが不要なので楽です。


いよいよ当日の朝を迎え、外を見たら完全に雨・・・。何かの間違いで予報が外れないかなーと思ってましたがしっかり降ってました。
持ってきたウインドブレーカーとシューズカバーを装着し、体育館に預けておいた自転車を受け取ってスタート地点へ向かいます。スタートの行列の長さは昨年の倍くらいはあり、今年はさらに参加者が増えて3000人近くいたらしいです。
前から順にスタートしていき、ようやく順番が来て6:30に二人同時にスタート。


スタート地点

最初のうちは雨も弱かったのでそれほど気にせず走れました。約20kmおきにあるAS(エイドステーション)ではバナナ、おにぎり、パン、オレンジ、暖かいお茶、スポーツドリンクなどたくさん補給食をもらえます。ほんとにこのイベントはサポートが手厚いです。
まだ序盤で脚もフレッシュなので、ドラフティング(前走者の後ろにぴったり着いて空気抵抗を減らすこと)も時折使いながら快調に走り、中間チェックポイントのある両津AS(100km地点)を目指します。
去年苦しめられたZ坂、大野亀坂も1回登っているので淡々とクリア。


大野亀

両津ASの10kmほど手前から脚の揃った5人の集団ができて、40km/hのハイペースで先頭交代しながら雨の中を突っ走りました。その中に二人とも入っていましたが、内田さんが積極的に先頭を引いていたのが印象的。初めての本格的な集団走行を存分に味わえたみたいです。(ペース的には結構きつかった)
両津ASに着くと、同じ集団で走った人同士で「お疲れ様でした!楽しかったです」と声をかけ合って別れました。


はじき野AS

両津ASでお弁当とドリンクをもらい、エネルギー補給した後はいよいよ後半戦。ちなみに前半走った島の北側を「大佐渡」、後半の南側を「小佐渡」といいます。
小佐渡に入ってからは130kmコースの人がいなくなるので、単独走か小集団での走行を強いられます。ここからが厳しいロングライドの本番という感じ。私はあろうことかここで補給をミスってハンガーノック(エネルギー切れで動けなくなること)になりかけてしまいましたが、内田さんに引いてもらいながら補給食を食べて何とか復活しました。(ありがとうございます)


この辺から雨はいよいよ強くなり、ドラフティングで走っていると水しぶきが顔を直撃してほとんど前が見えず(笑)。仕方ないので少しラインをずらして走りました。
ほどなくして先ほど両津の手前でトレインを組んだ方々と遭遇したので後ろに着かせてもらう事に。ただ、平地では脚が揃っていても登りになるとそれぞれ自分のペースが違うのでバラけてしまいます。単独になったり集団に混ざったりしながら最後のAS(180km地点)へ。
このASにはストーブがあって冷えた身体にはありがたかったです。


ここから先は最後の難所、長い登りの連続です。終盤に来てこのアップダウンはかなりこたえますが、残った力を振り絞って登り、ようやくラスト10kmの平坦区間へ。
ここは最後とばかり内田さんと二人で先頭交代しながらハイペースで走ります。
ゴールまで残り500メートルの看板を見て、ようやく「終わった〜」という気持ちがこみ上げ、ほっとしました。やはり雨の中の走行で神経を使った分、疲労も大きかったようです。それだけにゴールの喜びも昨年より大きかったですが。
去年と同じく「○○さんおかえり〜!」のアナウンスを受けながら二人並んでゴール!


ゴール地点

こんな感じで、今回は昨年とまったく逆、超がつく悪天候の中でのロングライドになりました。
しかし終わってみれば楽しかったなあというのが正直な感想です。(走り出す前はかなりブルーでしたが)
昨年も感じたことですが、コースが走りやすく、景色も良く、車・信号も少ない(というか皆無に近い)、ASが充実、沿道の応援といった要素が揃っているので、走っていて楽しいですし、走り終えた満足感も大きいです。多少の雨なら気にならない・・・かもしれない(笑)
130km、100km、40kmといったコースもありますし、脚力にかかわらず万人にオススメできるサイクルイベントじゃないかなと思います。

完走証


スポンサーサイト

  • 2009.07.23 Thursday
  • -
  • 19:03
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
東京周辺自転車散歩
東京周辺自転車散歩 (JUGEMレビュー »)
和田 義弥,自転車人編集部
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links