<< ゴールデンウィークのまとめ【内田】 | main | 佐渡210km無事ゴール!【内田】 >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.23 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ひさしぶりの145kmファーストラン

前にMLで紹介した、守谷〜小貝川サイクリングロードで下館まで往復というオフに参加してきました。

コース 守谷〜福岡堰〜小貝川サイクリングロード〜チャーシューラーメンor日本ハム工場ショップ往復
総勢14名。車種は、私がスリックタイヤのWサスマウンテン(トレックY33)で、もうひとりがクロモリランドナー、あとはクロモリロードが2人、チタンロードが1人、ほか10名はみんなカーボンロードだった。恐るべし。

で、私は我孫子の家から自走したので、実測距離で145km。ずい分ひさしぶりの100km越えになりました。
どうも川が蛇行しているため、それに沿って走っているサイクリングロードは、通常の国道とかよりも大部距離が長かったようです。まあ、坂はなく、まったくの平地ですが、その代わり向かい風は、そこそこキツかったので、頑張ったといっていいと思います。
小貝川福岡の堰。総勢14名。私は看板前の上半身均一紺色です
11年前のXTのクランクガ?!
しかも、足がちぎれる前に、左側のクランクの根元がちぎれてしまいました。どうもクランクボルトが緩んでいたのに気づかず、そのままダッシュとかしてたら、負荷がかかり、割れてしまったよう。さすがに11年選手で、過去には山でもコキ使ったマウンテンだが、その間、自分でクランクボルトを増し締めした記憶はありません。まあ、その必要性すら認識していなかったので仕方がないのですが、ネジが緩んでいるとそのパーツ自体を壊すことがある、という教訓を得ました。

ちぎれたのは、スタートして30kmぐらいのところでしたが、幸い、踏み込まなければクランクは機能し、右足で踏み込めば走れたので断念しなくてすんだ。逆にいうと左足を踏み込めない状態でちぎれた後、よく115kmも走り続けられたと思います。

しかし、過去には1日で210kmとか、100km以上もよく走っていましたが、あのときは快走用のスポルティーフでした。今回は太いスリックタイヤマウンテンでロードの仲間とよく走れたと思います。痛風は、ちょいと足の親指に違和感がある程度、それよりもサドルのため尻が痛い。これはポジションの再調整と慣れで克服するしかないでしょう。

さすがにこの日はとても疲れました。

スポンサーサイト

  • 2009.07.23 Thursday
  • -
  • 17:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
東京周辺自転車散歩
東京周辺自転車散歩 (JUGEMレビュー »)
和田 義弥,自転車人編集部
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links